文字サイズ

ホーム > 主催講演会

2016年度 主催講演会

東海支部が主催している講演会を紹介しています。詳しくは、情報処理学会東海支部事務局へお問い合せ下さい。


第4回講演会「Scrum:適用領域の広がりとScrum for HW概説」

講 師 山海一剛(株式会社オージス総研)
日 時 2016年11月30日(水) xx:xx頃からxx:xx頃
場 所 xxx
概 要 日本の製品開発方法にヒントを得て、90年代にソフトウェア開発手法として登場したスクラムですが、近年欧米ではマーケティング部門、人事部門、さらには教育現場にと、ソフトウェア以外に適用が広がりつつあります。特に製品開発分野に適用したScrum for HWは、今や日本の強みすら脅かす存在になりつつあります。当講演では、ソフトウェア以外の様々な適用領域を紹介するとともに、Scrum for HWについてはさらに掘り下げた解説を行います。 講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
協 賛 IEEE 名古屋支部
後 援 公益財団法人 科学技術交流財団
問合せ先 一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
TEL :(052) 231-3564 FAX:(052) 204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

第3回講演会「障害者支援と情報技術」

講 師 竹内義則(大同大学情報学部情報システム学科 准教授)
日 時 2016年9月29日(木) 16:30頃から17:30頃
場 所 大同大学A 棟1 4 階交流室
概 要 障害者が社会生活を送るうえで障害がある機能を代替する手段が必要となります.この講演では,これまでに取り組んできた視覚障害と聴覚障害について,それらを支援する情報技術を中心に紹介します.視覚障害者支援としては,移動や買い物する際に,ナビゲーションや品物の価格等の情報を読み上げます.また,聴覚障害者支援としては,高等教育を受ける際に,講師が話す言葉を書き写す文字通訳を行っています.それぞれの支援技術について最新の研究成果を取り入れながら紹介します. 講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
協 賛 IEEE 名古屋支部
後 援 公益財団法人 科学技術交流財団
問合せ先 一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
TEL :(052) 231-3564 FAX:(052) 204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

第2回講演会「子供たちの未来とIT教育のこれから」

講 師 原 正幸 氏(株式会社プロキッズ 代表取締役)
日 時 2016年7月11日(月) 13:00頃から14:30頃
場 所 名古屋工業大学2号館0231講義室
概 要 インターネットやスマートフォンなどITは私たちの生活を大きく変えたが、ITに 関連する教育は今までと大きくは変わっていない。しかし、2020年までに小中学校の生徒に1人1台タブレット保有の実現、STEM教育の一環としてのプログラミング教育の導入の動き、子供の習い事ランキングにプ ログラミングが入るなど、少しずつ情勢や見方が変わり始めつつある。これから日本が世界初の少子高齢化に突入するだけでなく、現在存在する職業の半分がなくなってしまうという見通しがあったりするなど、今までにないほどの複雑な時代に突入していく。そんな時代を生き抜く子供達に、幅広くITを学んでもらい、多くのことをITを通して学んでもらうことにチャレンジするプロキッズ のイベントやスクールの取り組みについて紹介する。
講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
協 賛 IEEE Nagoya Chapter
後 援 公益財団法人 科学技術交流財団
問合せ先 一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
TEL :(052) 231-3564 FAX:(052) 204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

第1回講演会「IoT最新事例とデータ活用の仕組み作りについて」

講 師 森口 秀樹 氏(日本ユニシス株式会社 ビジネスインキュベーション部門 総合マーケティング部長)
日 時 2016年5月16日(月) 16:10頃から17:40頃
場 所 ホテル ルブラ王山
概 要 昨今、新聞記事等でIoT活用事例や実証実験に関する各企業・団体等の取り組み事例が頻繁に掲載されています。また、海外市場における先進的な取り組みのみならず、国内市場においても関連省庁等によるイニシアティブや各種政策が打ち出されるなど、官民上げての取り組みが盛んになっています。 本講演では、国内外の最新事例を紹介することにより、IoT関連の取り組みのポイント・推進の方向性を提示させて頂きます。また、メガクラウドをはじめとしたICT企業がIoT分野において、どのようなデータ活用の仕組み・エコシステム作りを実施しているのか、デバイス・エッジから分析・解析・見える化・活用アクション支援に至る活用に必要なプロセス全体について、事例を交えて提示させて頂きます。
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
※当日は2016年度東海支部報告会を開催します。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
問合せ先 一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
〒460-0003 名古屋市中区錦2-17-21 NTTDATA 伏見ビル内
TEL: (050)5556-2856 FAX: (052)204-4783
E-mail: shibuipsj-tokai.jp